避妊

低用量ピル、避妊リング(IUD)

低用量ピルとは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤で21日または28日間飲み続けることで避妊効果をもたらします。生理開始1日目から5日以内に服用することで、きちんと避妊効果を望むことができます。低用量ピルの詳細はこちら

避妊リング(IUD)とは、子宮内に軟らかいプラスチックの器具を入れて受精卵の着床を防ぐことにより避妊をするもので、ピルに次いで高い避妊効果が得られます。IUDの交換は2〜3年ごとになります。

アフターピル(緊急避妊薬)

避妊がなされなかった性交の後でも、72時間以内にピルを服用することで、妊娠を回避します。ただし、100%回避できるものではありません。

「ノルレボ」を取り扱っており、費用は16,200円(診療代+お薬代)になります。

妊娠中絶

妊娠12週未満までの人工妊娠中絶を、日帰り手術でお受けしております。手術日は火・水の朝です。手術日前日の夕方に、子宮口を広げる処置を行います。当日、全身麻酔下で手術を行い、数時間後にはお帰りになれます。

このページの先頭に戻る