性感染症

性感染症とは、性行為によって感染する病気の総称です。以前は梅毒など症状が強いものが中心だったのですが、現在は性器クラミジア感染症、淋菌感染症など、自覚症状に乏しくて感染に気付きにくいものが中心となってきています。場合によっては不妊の原因になることもあります。

おりものの異常がある場合、細菌感染(淋病・クラミジア・大腸菌・溶連菌 )やトリコモナスという原虫の可能性があります。

痒みを伴って酒かすやヨーグルト状のおりものがあるときには、水虫と同じ仲間のカンジタという真菌感染の可能性があります。

外陰部に痛みを伴う水疱の形成がある場合、性器ヘルペスの可能性があります。腹膜炎や不妊の原因となる場合もあるので早期の診断・治療が必要です。

HIV(エイズ)など一部保険適用とならない検査があります。

このページの先頭に戻る