更年期障害

更年期症状は、40代後半から50代の女性に起きる全身的な症状です。卵巣から分泌されている女性ホルモンのエストロゲンが、閉経によって急激に減少するために起こります。

更年期障害の症状

  • ホットフラッシュ(のぼせやほてり、発汗)
  • 動悸、息切れ
  • 倦怠感、だるさ
  • 憂うつ感
  • いらいら
  • 不眠
  • 肩こり
  • 手足のしびれ

女性ホルモンを用いたホルモン補充療法(HRT)

分泌されなくなった女性ホルモン(エストロゲン)を内服薬や貼付剤で補充するものです。また、漢方薬を使った治療も行っております。さらに、プラセンタ注射による治療(健康保険対応)を単独もしくは併用して行っています。

このページの先頭に戻る