風しん抗体検査・予防接種

抗体検査の予約は不要です。診療時間内に直接ご来院ください。

当クリニックでは、風疹検査・予防接種を実施しております。

最近では大人になってから発症するケースが増えており、その場合には重症化することが多いので、注意が必要です。

赤ちゃんの健康のためにも予防接種を受けましょう

妊娠初期(20週未満)の妊婦が風しんに感染すると、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が出る可能性があります。(先天性風しん症候群)

品川区では、先天性風しん症候群防止対策として、風しん抗体検査の費用助成を行っています。(平成26年4月1日から)

風しん抗体検査の対象者

風しん抗体検査を希望する方で、以下(1)〜(4)すべてに該当する方。

  • (1)品川区に住民登録のある19歳以上の方で、以下(ア)または(イ)に該当する方
     (ア)妊娠を希望する女性
     (イ)妊婦、または妊娠を希望する女性の夫等、同居者
  • (2)これまでに、この助成制度(先天性風しん症候群対策)を一度も利用したことのない方
  • (3)風しん単抗原ワクチンもしくはMRワクチンを、あわせて2回以上接種したことがない方
  • (4)昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性ではない方
    ※昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの成人男性は、風しん第5期定期接種のクーポン券で風しん抗体検査および予防接種を無料で受けることができます。
費用 無料(全額品川区が負担します)
※品川区以外の医療機関で検査を受けた場合は、全額自己負担(有料)になります。
助成利用回数 1回(上記期間より以前に助成を利用したことがある場合も回数に含まれます)
検査方法 品川区内の契約医療機関にて検査を実施
検査の時に
必要な書類
<全員>
・国民健康保険証、マイナンバーカード(通知カード)、住民票など、品川区民であることが確認できるもの
・ご自分の母子健康手帳(持っている場合)
<同居者> 
・同居している女性の住所がわかるもの

男性の抗体検査希望者の方

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの成人男性は、風しん第5期定期接種のクーポン券で風しん抗体検査および予防接種を無料で受けることができます。
詳しくはこちらのページをご覧ください

風しん予防接種の対象者

風しん抗体検査または妊婦検診で風しんの抗体値が低かった方は、品川区から予防接種費用を全額助成(無料)されます。

予防接種を希望する方で、以下(1)〜(5)すべてに該当する方。

  • (1)風しん抗体検査の結果、風しん抗体価が低かった方
    ※下記の「厚生労働省で風しん予防接種を推奨する抗体価」のとおり
  • (2)品川区に住民登録のある19歳以上の方で、以下(ア)または(イ)に該当する方
     (ア)妊娠を希望する女性
     (イ)妊婦、または妊娠を希望する女性の夫等、同居者
  • (3)これまでに、この助成制度(先天性風しん症候群対策)を一度も利用したことのない方
  • (4)風しん第5期定期予防接種の対象とならない方(風しん第5期定期予防接種を受けた方は対象外)
  • (5)風しん単抗原ワクチンもしくはMRワクチンを、あわせて2回以上接種したことがない方

【厚生労働省で風しん予防接種を推奨する抗体価】

・HI法で16倍以下
・EIA法でEIA価8.0未満または、(1)30IU/mL(国際単位パーリットル)未満、(2)45IU/mL(国際単位パーリットル)未満の場合、「抗体価が低い方」となります。
※EIA価は、デンカ生研社製
(1)は、シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社、極東製薬工業株式会社製
(2)は、シスメックス・ビオメリュー株式会社、ベックマン・コールター株式会社製の風しんIgG測定キットを使用した場合の判定基準です。

※風しん単抗原ワクチンもしくはMRワクチン接種後は2カ月間避妊するよう注意する必要があります。

このページの先頭に戻る