漢方薬

東洋医学(漢方)は病気の原因を直接狙うのではなく、患者の体質そのものを変え、結果として病気を治すというものです。

西洋医学では、診断といえば「病名」のことですが、東洋医学での診断は病名ではなく「証」と呼ばれるものです。「証」とは「体質」を表現したものです。つまり東洋医学では「体質を診断する」のであって「病名を診断するものではない」のです。例えば「冷え」という「体質」があれば原因が何であれ「冷えという体質を改善するためには何を使うか」と考えるのです。

この「証」を正しく把握するため、以下の漢方四診(望診・聞診・問診・切診)という漢方独特の診断方法にて漢方薬を処方します。

望診 視覚によって情報を得ることです。動作や容姿から顔色、皮膚の具合、舌の観察など、あらゆる角度から詳細にみます。
聞診 聴覚と臭覚による情報収集の方法です。話し方や声の明瞭さ、声のはりを詳細に検討することや呼吸音の聴取をします。臭覚の方は、体臭などをみます。
問診 現病歴の把握や症状の詳細な聴取をすることです。
自覚症状の質問がきわめて重要です。
切診 触覚による情報収集の方法です。手で実際に身体に触れ、情報を集めます。「脈診」手首で脈の状態をみます。「腹診」腹壁の状態、圧痛、緊張、拍動などをみます。

このページの先頭に戻る